40代、50代の大人に人気の自動車保険とは?

40代、50代に人気「大人の階段のぼる〜」の車保険

おとなの自動車保険

 

ご存知ですか?
香川 照之さんが出演されているCM、
私は、テレビでよく見ます。

 

 

おとなの自動車保険

 

 

とても印象的ではありましたが、
どんな自動車保険なのか、
じっくり調べてみたことはありませんでした。

 

 

「おとなの」というからには、
きっと"おとな"にお得な自動車保険なんだろうな、
その程度の知識。
ダイレクト系通販型自動車保険のひとつ、
という印象を持つ程度だったのですが、
調べてみると、様々な満足度ランキングで、
大変な高評価だということがわかりました。

 

 

最新の2018年度版価格.com満足度ランキングでは、
堂々の3位。

 

 

価格.com補償内容満足度ランキングでは、
堂々の第2位。

 

 

また、オリコン日本顧客満足度ランキングでも、第3位でした!

 

 

特別に良い保険という意識はなかったので、
この度興味を持ち、詳しく知らべてみました。

 

 

『おとなの自動車保険』は、
40代、50代をターゲットとした
明確なコンセプトを持っているわかりやすい商品である」
との評価を受けているようです。

 

 

”おとな”って40代、50代だったんですね。なるほど。

 

 

事故率の低い40代・50代の料金を割安に。

 

事故率は、20代・30代と徐々に下がり、
40代・50代にかけてが最も低くなるのだそうです。

 

「おとなの自動車保険」はこの事故率に注目。

 

年齢ごとの事故率を保険料に反映することで、

 

40代、50代の料金を安くすることに成功。

 

 

「主な運転者」である親の年齢を基準に、年齢を設定

 

これまでの自動車保険は、
運転する人の中で「最も若い運転者」の年齢を基準に
年齢条件を設定していました。
そのため、お子様が運転するようになると、
最も若いお子様の年齢を基準に年齢条件を設定することになり、
保険料が一気にアップするケースがありました。

 

 

ところが、おとなの自動車保険では
「主な運転者」である親の年齢を基準に、
年齢を設定します。
お子様が運転するようになっても、
運転者年齢は親の年齢のまま、
運転者の範囲にお子様を追加できるのです。
たまにしか乗らない子供の年齢に合わせて
保険料がアップしていたこれまでの保険に比べ、
より納得できる年齢になっています。

 

 

これは確かに新しい発想ですよね。

 

 

その上、もしもの時は、
事故対応の専門家が責任をもって担当。
スピーディできめ細やかな対応でサポート。
充実のロードアシスタンスはもちろん24時間・365日のご対応。
全国約13,000ヶ所から出動。

 

 

全国約2,400ヶ所の拠点から、
事故現場にALSOKがかけつ、丁寧にけサポート。

 

 

基本的なサービスもしっかりしているようです。

 

 

契約者さんの感想

 

  • 未成年の子供が免許を取得し、

    保険料が非常に高くなることに驚いたが、この保険で助かった。

  •  

  • 子供が運転するようになって、

    今までの保険会社の見積もりを取った所高額だったのに、
    おとなの自動車保険は価格が抑えられたのでよかった。

  •  

  • 35歳以上すべて同じ保険料ではなく、

    事故の少ない40代50代にやさしい保険だと思いました。

  •  

  • 金額の割に他社より補償内容が充実していると思います。

 

 

なるほど。
確かに、特に40代・50代のドライバーにとっては、
とても魅力的な自動車保険だということがわかりました。

 

 

これだけ評判の良い『おとなの自動車保険』が、
他の自動車保険と同条件で比較した時に
どのくらいの保険料になるのか。
40代・50代のドライバーの皆さんは、特に、
試してみる価値が有りそうでね^^

 

 

おとなの自動車保険

 

 

>> 私の車保険◆安い順ランキング

 

 

スポンサードリンク

トップページ < 安い順ランキング > 通販型(ダイレクト型)のメリット・デメリット 年代別おすすめ自動車保険ランキング