「保険料は走った分だけ」のイーデザインが人気です。

価格.com満足度ランキング2年連続総合1位「イーデザイン損保」とは?

自動車保険は、
実際に加入してみないとその特徴がわかりづらいものです。
消費者が保険会社を選ぶ際の情報として提供されている、
価格.com満足度ランキングで、

 

2年連続総合1位となっているのが、
イーデザイン損保

 

 

ほかにもオリコン、楽天、JDパワー、スクエアbangといった
自動車保険を対象とした主要な満足度ランキングでも
総合第1位を獲得している、人気の自動車保険会社。
2009年の開業から5年目に突入したイーデザイン損保。

 

 

東京海上グループのブランド力
顧客ニーズにあったサービスで、
安定的に高い評価を得ているようです。

 

 

イーデザイン損保は、今回の調査でも
「加入手続き」「利便性」などでインターネットでのサービス提供が
高く評価されています。
また、「会社の信頼性」では東京海上日動が1位、
イーデザイン損保がダイレクト系では最上位の4位と、
東京海上グループの2社がそろって高く評価されています。

 

 

実は、私自身、東京海上日動で契約している車があるのですが、
たしかに安心感はありますよね。
事故に遭った時も、連絡は迅速ですし、
書類の送付なんかもしっかりしています。
ただ、かなり保険料が割高な印象があったのですが、
東京海上グループが運営するイーデザイン損保が、
ダイレクト系として登場し、かなり割安で加入できることは、
やはりお得感を感じますね。

 

 

事故処理に関しても、
親会社東京海上日動の全国サービス網を使用するため、
安心感があります。

 

 

イーデザイン損害保険(イーデザイン損保)は、
保険開始日が2013年9月1日の契約から、

 

 

保険料算出項目に
走行距離区分を追加する。

 

 

と発表しました。

 

 

新しい算出方法では、
顧客1人ひとりのリスクに合った保険料となるよう
過去1年間の走行距離に応じた区分により保険料を算出。
具体的には、契約車の申込日時点から過去1年間の走行距離を、
「3,000キロメートル以下」
「3,000キロメートル超〜5,000キロメートル以下」
「5,000キロメートル超〜1万キロメートル以下」
「1万キロメートル超」
の4区分に分け、それぞれの区分に応じて保険料を算出。

 

 

過去の事故実績だけでなく、
車の使い方や主に運転する人の各種状況を基に
保険料を算出することができるため、
無事故の人にも割安な保険料といえます。

 

 

また、イーデザイン損保では、「インターネット割引1万円」制度に加え、
「早割」や「証券e割」など各種割引を提供しており、
損保会社各社の値上げが続く中、
リーズナブルな価格設定となっているそうです。

 

 

  • 自動車の走行距離が短いという人
  •  

  • 事故を起こしていないのに

    自動車保険の保険料が上がったという人

 

 

上記のような方は、
一度、イーデザイン損保の見積もりを試してみてもよいかもしれませんね。

 

  『イーデザイン損保の割引で車保険を安く!』 のページにすすむ

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 次のページ 『「走った分だけ!」の車保険、走り過ぎた場合はどうなるの?』 へ


トップページ < 安い順ランキング > 通販型(ダイレクト型)のメリット・デメリット 年代別おすすめ自動車保険ランキング