カーシェアリング会社を比較してみました。

カーライフ節約方法 | カーシェアリングを会社別に比較

自動車保険の値段の高さや、
車の様々な維持費に頭を悩ませる方にとって、

 

 

マイカーのように維持費がかからない

 

 

カーシェアリングは、
新たなカーライフの選択肢のひとつと
なり得るのではないでしょうか?

 

 

国交省によると、
カーシェアリングと、高速道路を走る長距離路線バスを組み合わせ、
地域の活性化につなげる事業を始めるとのこと。

 

 

高速道路のバス停近くに車の貸し出し拠点を設け、
バスを下車した後、
その場所からすぐにカーシェアできるシステムのようです。

 

 

今後もこのように、国を先導役とするカーシェアリング利用が
ますます進んでいくことが予想されます。

 

各カーシェアリング業者を比較してみました。

 

  • 個人会員の場合の比較です。

 

会社名 ステーション 初期費用 月会費 利用料金 6時間プラン 距離料金

タイムズカープラス

 

北海道から沖縄まで網羅

ステーション数・設置車数国内最大級。

1,550円→今なら無料 1,030円→今なら2ヶ月無料

206円/15分
(ベーシッククラス)

4,020円

無料(6時間パック)
16円/1km
(6時間パック以外)

カレコ・カーシェアリングクラブ

 

東京、神奈川、千葉、埼玉の県に特化。

山手線内エリアでは業界最多クラス。

無料 無料プラン有

130円/10分
(コンパクトカー)

3,800円

無料(6時間パック)
15円/1km
(6時間パック以外・コンパクトカー)

オリックスカーシェア

 

首都圏・中部・近畿・沖縄を中心に

国内最多クラス。

1,000円 無料

200円/15分
(スタンダードクラス)

3,500円〜 15円/1km

dカーシェア

 

dカーシェア

オリックスカーシェアのクルマを利用

国内最多クラス。

無料 無料

220円/15分
(スタンダードクラス)

4,200円

無料(6時間パック)
15円/1km
(6時間パック以外)

 

 

 

タイムズカープラス

 

  • 15分206円から”使った分だけ”請求。
  •  

  • 予約した3分後に車を使えて、

    利用開始1分前まで予約を無料でキャンセルできる。

  •  

  • 全国で10,000ヵ所のステーションですぐ乗れる!近くにある!
  •  

  • 人気のコンパクトカー、電気自動車や輸入車など豊富な車種を配備!

    超小型EV「コムス」も!

  •  

  • タイムズカープラスにおいて安全走行した距離に応じて、

    あいおいニッセイ同和損保の自動車保険の新規契約時の保険料を
    優遇する制度を新たにスタート

  •  

 

カレコ・
カーシェアリングクラブ

 

  • アルパインスタイルの特別仕様ミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」
    オープンカーの「マツダ ロードスター」
    トヨタの新型ミニバン「エスクァイア」 
    「スバル レヴォーグ(LEVORG)」
    「トヨタ ランドクルーザープラド」
    トヨタの高級車ブランド「レクサス」3車種
    Cクラスが登場!「メルセデス・ベンツ」が21車種
    輸入車も豊富

  •  

  • 最短1週間・最長3か月まで借りられる、

    ウィークリー/マンスリーサービスを導入!

  •  

  • チャイルドシート無料貸出対応店舗拡大中!
  •  

  • 三井物産グループの安心感。
  •  

  • 車の予約からドアの開・施錠までを

    iPhoneひとつでできるサービス

  •  

  • マンションの駐車場を利用したマンション居住者向けカーシェアリングサービス
  •  

  • 輸入車もラインナップ。
  •  

  • 6時間以下の予約の場合、距離料金が無料に。
  •  

  • 6時間以下の予約の場合、返却した時間までの料金に。
  •  

  • 夜間パックが18時〜翌9時の最大15時間に。
  •  

  • キャンセル料金が直前まで無料に。
  •  

  • カレコのご利用で Tポイントが貯まる!
  •  

 

オリックスカーシェア

 

  • 業界初となる月額基本料金が無料のプランや、

    6時間以上の長時間利用者にお得なパック料金設定などが特長。

  •  

  • PCサイトやiPhoneアプリでご予約、カーナビで延長登録

 

dカーシェア

 

  • docomoが提供するカーシェアリングサービス、dカーシェア。

    カーシェア・マイカーシェア・レンタカーが集約されているので、
    豊富な車種をシェアすることができます。

  •  

  • 豊富な車種・台数からクルマを選べて、dポイントもた まる&つかえる!

 

 

 

 >>「カーシェアリングの評判・メリットとデメリット」のページに進む

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

カーシェアリングの保険や補償はどうなってるの?

 

自動車保険付帯の安心感!

 

 

万が一の事故に備えて、
カーシェアリングの利用代金には、

 

自動車保険料が含まれています!

 

 

一般的には以下のような補償内容のようです。

 

 

  • 対人補償 無制限
  • 対物補償 無制限
  • 車両補償 時価額
  • 人身傷害補償 無制限

 

 

 

個人で加入している任意保険と同様に、
下記のような場合には、
保険・補償が適応されませんのでご注意ください。

 

 

  • 非会員の運転によって生じた事故の場合
  • 補償内容を上回る損害の場合
  • 事故を警察に届け出しなかった場合
  • 保険約款の免責事項に該当する場合
  • 法令違反による事故の場合
  • 各カーシェアリング事業者の貸借約款に掲げる事項に

    違反があった場合

  • 利用者の不注意など管理上の落ち度があった場合

 

 

 

なお、カーシェアリングを利用中に、事故や過失等によって、
車両の修理や清掃が必要となった場合、
その期間の営業補償として補償金額を支払う、

 

ノンオペレーションチャージ

 

というシステムがあります。

 

大手のオリックスカーシェアの場合、下記のとおりです。

自走して返却予定のカーステーションに返却した場合 20,000円
自走不可能な場合 50,000円

 

 

※補償内容の詳細は、各カーシェアリング事業者で異なります。
詳しい補償内容については、
各カーシェアリング事業者のWebサイトをご確認ください。

 

カーシェアリング利用中に事故・トラブルが起きたら?

 

これが大事なところですよね。
自動車保険が高くて、愛車を手放し、
カーシェアリングを利用するわけですから、
事故・トラブルに遭った時、
具体的に、どのように対処すればよいのでしょうか?

 

 

【オリックスカーシェアの場合】

 

サービス利用中に事故に遭った場合、

どうすればいいですか?

負傷者がいる場合は、まずは救急車を呼んでください。
その後、警察およびオリックスカーシェアナビダイヤル(0570-550-177)
、SS24事故受付センター(0120-24-3650)にご連絡ください。

 

サービス利用中に車両が故障した場合、

どうすればいいですか?

オリックスカーシェアナビダイヤル(0570-550-177)、
およびSS24事故受付センター(0120-24-3650)へご連絡ください。
クルマが動かない場合は、レッカー車の手配をします。
(レッカー代等車両運送費は、会員さまのご負担)
※タイヤのパンク、バースト、ホイールキャップの紛失・破損は、
原則会員さまのご負担となります。

 

乗車前に車両にキズや凹みを発見したらどうしたらよいですか。

必ずオリックスカーシェアナビダイヤルにご連絡ください。
ご連絡がない場合は、
車両に損傷を与えた会員さまの特定ができません。

事故やトラブルの際も、
慌てなくてもすみそうです。

 

 

もし、今の愛車を手放してもいいということであれば、

 

  • 契約期間を設定して好きなクルマに乗れるカーリース。
  •  

  • 支払う車両価格は、

    「契約満了時の残存価格」を差し引いた「車両価格の一部」だけ。

 

「コスモ石油のカーリース スマートビークル」という選択もあります。

 

>>「コスモスマートビークル」の評判とデメリット、利用者の声」のページにすすむ

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

次のページ 『ちょいのり保険で自動車保険を安くする!』 へ


トップページ < 安い順ランキング > 通販型(ダイレクト型)のメリット・デメリット 年代別おすすめ自動車保険ランキング