バイク・オートバイを賢く高くお得に売る方法とは?

廃車・買取は3月中に | WEBからバイクの買取査定

バイクオートバイ)と原付(原動機付自転車)を購入する場合、
また所有する場合にかかってくる、
軽自動車税について、とても重要なお話です。

 

 

軽自動車税(地方税)は、毎年4月1日現在の
軽自動車(バイク・原付含む)所有者に対してかかる税金のことで、
納税義務者に対しては毎年5月上旬に
住所地を管轄する市区町村役場から納税通知書が送付され、
5月31日が納付期限となっています。

 

 

軽自動車税は4月1日時点の
バイク(車)所有者が納税義務者となっていますので、
もしも4月2日にバイクを購入するなどして
新所有者となった場合でも納税義務はありません。

 

 

逆に考えると、もし、あなたが、

 

今乗っていないバイク・オートバイを所有しているのなら、

 

3月中に廃車にするか、
買取を依頼して売却することで、
税金はかからない、ということです。

 

 

軽自動車税は年額での税額となるため、
例え4月2日に廃車したとしても
年間の軽自動車税を納付する義務があり、
月割計算で還付されることもありません。

 

 

バイクを廃車する場合、または売る場合は
4月1日までに早めに行いましょう。

 

 

バイク売却を検討中で、少しでも高く売りたいと思っている方。

 

 

あなたのバイク・オートバイの買取相場を
簡単に知る方法があります。

 

 

今は、WEBからバイクの買取査定ができるんです。
便利になりましたね^^

 

 

大手優良厳選バイク買取業者へ、
まとめて一括で査定依頼できる無料サービスサイトをご紹介します。
一括査定サイトはいくつかありますが、
全国対応で、約1分の入力で済むということ。
また、入力画面が分かりやすく見やすい、という点で
こちらのサイトをおすすめします。

 

>>バイク買取一括見積

 

 

当サイトにお寄せいただいた、バイク買取・廃車の体験談はこちら。

 

>>「【体験談】3月中がお得!バイクの買取・売却と軽自動車税」のページに進む

 

>>「【体験談】バイクの廃車と軽自動車税」のページに進む

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

バイク保険、入っていますか?

 

自動車保険には、「ファミリーバイク特約」というものがあります。
補償内容は、下記のとおり。

 

被保険者が125cc以下のバイクで、
対人事故及び対物事故を起こした場合、
自動車保険の主契約と同じ条件で相手に賠償する。

 

逆に言えば、「125cc以上のバイク」に乗られる方は、
この「ファミリーバイク特約」を利用することができません。
そういう方のためにあるのが、「バイク保険」です。

 

 

しかし、この「バイク保険」。
加入率がとても低いのが現状のようです。
バイクに乗られている方の約70%が、
任意保険未加入なのだそうです。
しかし、バイクも自動車と一緒。
事故は、自分がいくら気を付けていても、
起きてしまう可能性があるものです。
バイクは自動車と比べ事故発生率が高いことも知っておくべきです。

 

 

そのうえ、自動車での事故に比べ、
バイクの場合は、身体を守るものが少ないわけですから、
事故に遭った際のケガも重症になる傾向にあります。
バイク事故は、重傷・死亡比率が
圧倒的に自動車事故を上回ります。

 

 

加害者側になってしまえば、
損害賠償金の支払い等で、一生を
棒に振るような状況に追い込まれてしまうことさえあるのです。

 

 

実は、最近まで、
バイク保険では通常車両保険は付きませんでした。
しかし、2014年12月2日、
ダイレクト型損保のチューリッヒが、
「スーパーバイク保険」に車両保険を新設しました。

 

 

そのうえ、30〜50代、ゴールド免許、年間走行距離が短いなど、
多くのリターンライダーがあてはまる条件で、
保険料がお手頃になるように改定されたとのこと。

 

 

リターンライダーとは、若い頃バイクに乗り、
その後仕事や結婚などの理由で乗らなくなった人が、
40〜50代となり、再び手にした自由な時間に
もう一度バイクに乗り始めるようになった、
そんなユーザーの呼称として使われている表現だそうです。

 

 

バイクに乗るのであれば、
ぜひ真剣にバイク保険への加入を考えてみてください。

 

 

ひとりひとりのユーザーに合ったバイク保険を、
複数のバイク保険会社から選ぶことができる、
無料のバイク保険比較サイトはこちら。

 

>>バイク保険一括見積もり

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 次のページ 『自動車保険の評判 | 事故対応満足度ランキング』 へ


トップページ < 安い順ランキング > 通販型(ダイレクト型)のメリット・デメリット 年代別おすすめ自動車保険ランキング