自動車保険ランキング | 安い車保険の評判とデメリット

自動車保険を安くするなら”比較”!

 

自動車保険を安くするなら
まずは比較!

 

 

 

 

保険料は、年齢によってもかなり変化していくものであり、
最適な損保を見つけるためには、
やはり、毎年、複数の会社で比較してみることが大切です。
ぜひ、習慣にしていきましょう!

 

 

スムーズに入力を進めるコツは、
免許証・保険証券をご用意いただくことです。
(新規加入の方は、車検証をご用意ください。)
必要な情報がすべて記載されています。

 

現在特別キャンペーン中です!

 

>> 自動車保険見積もりスタートはこちらから

 

黒・緑ナンバーもネットでOK!

 

>> 事業用自動車保険はこちらから

 

 

私の場合は、自家用車。
車のことは全くの素人で、型番などがよくわからず、
初めての時は少し手間取って、見積もりに10分ほどかかりました^^;

 

 

しかし、2回目からは、必要な情報がわかっているため、
5分もかかりませんでしたよ。

 

 

自動車保険料の見直しを検討するみなさんの中には、
車検が近づいている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

全国の安心で格安な車検を簡単に比較できるサイト
紹介させていただきます。^^

 

>> 全国対応「EPARK」車検見積り

 

 

スポンサードリンク

 

 

自動車保険、ディーラーに薦められたまま契約したきりになっていませんか?

 

さきほどご紹介したサイトを利用すれば、
たった一度の入力で、複数の損保に一括見積もり依頼ができます。

 

 

参加している損保は下記のとおり。
全ての損保で必ず見積もりが取れるということではなく、
車種によっては、
お見積もりできる損保が5,6社となることもございますこと、
ご承知おきください。

 

  • ソニー損保
  • チューリッヒ
  • あいおいニッセイ同和損保
  • アクサダイレクト
  • 朝日火災
  • イーデザイン損保
  • AIU保険
  • SBI損保
  • 共栄火災
  • セコム損保
  • セゾン自動車火災保険
  • ゼネラリ保険会社
  • 損保ジャパン日本興亜
  • そんぽ24
  • 東京海上日動
  • 富士火災
  • 三井住友海上
  • 三井ダイレクト損保

 

実際に管理人が自身の車で試した結果は、

 

代理店型最安の東京海上
67,760円。
最安値、通販型のイーデザイン損保
32,550円。

 

驚きの価格差だったのです。
本当にびっくりしました。
自動車保険料は安さだけで選ぶのは危険なものですが、
家計と相談しながら、必要のない補償を節約する等の対策で、
ある程度安くすることも可能です。

 

 

自動車保険比較サイトが人気である3つの理由とは?

 

1999年のサイト開設依頼、多くのドライバーに利用されてきた、
意外との歴史のある老舗のサイトです。

 

大手損保が多数参加している

 

テレビCMでのおなじみの
「アクサダイレクト」「チューリッヒ」「ソニー損保」をはじめ、
大手の損保会社が多数参加。
1社1社ひとつずつ見積もりを取る手間を省くことが
可能になりました。

 

見積もり結果がリアルタイムでわかる!

 

入力が完了すると、
リアルタイムで見積もり結果をメールでお知らせ。
契約の満期が迫り急いでるような時でも、
見積もり結果のメールから
オンラインで申し込みまで行うことができるため、安心です。

 

毎年、自動車保険の満期日をお知らせ

 

一度、「保険スクエアbang!」を利用すると、
毎年、満期日前にメールでお知らせしてくれます。
契約の更新を忘れていて焦ったことがある、
という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
もうその心配はありません。
一年に一度、更新のタイミングを機会に、
自動車保険を比較してみることは、
家計の見直しにもつながります。

 

比較サイトを利用した人の安くなった金額は平均25,000円!

 

このサイトを利用された方の、

 

安くなった金額の平均は、なんと約25,000円。

 

 

更新のタイミングは、見直しの良い機会です。
まずは、複数の損保の保険料を比較することから
はじめましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 私の一括見積もりサイト体験談 | 11社を安い順に比較したランキングはこちら


トップページ < 安い順ランキング > 通販型(ダイレクト型)のメリット・デメリット 年代別おすすめ自動車保険ランキング