自動車の廃車と自動車税

自動車を廃車にすると自動車税は戻ってきます

当サイトにお寄せいただいた、体験談です。

 

意外と知らない方も多いと思いますが、

 

 

自動車を廃車にすると
自動車税は戻ってきます。

 

 

とはいっても全額戻ってくるわけではなく、
支払った自動車税1年分のうち、
廃車にした翌月から次の自動車税発生時期、
つまり次の4月までが、月割りで戻ってきます。

 

 

たとえば10月に手続きした場合、
11月12月1月2月3月と5ヶ月分が戻ってきます。

 

 

なので3月に手続きすると戻ってきません。

 

 

また一つ注意しなければならないのは、
軽自動車の軽自動車税の場合は、
還付がないということです。

 

 

たとえば4月に手続きしても、3月に手続きしても、
税金は戻ってきません。

 

 

なので軽自動車の場合は、
税金が発生する4月以前に手続きを行った方がよいです。

 

 

しかし、4月ぎりぎりの3月は、
手続きをする軽自動車検査協会は非常に混み合います。

 

 

普通車の場合は、手続きは陸運局で行います。
手続き後、税金の還付がある場合は、
2ヶ月ほどで「還付のお知らせ」という通知書が、
車検証の所有者に送られてきます。

 

 

そこに記載されている、
指定された金融機関で手続きを行うことにより、
還付金を受け取ることができます。

 

 

なお、引っ越しに伴う廃車の場合は、
還付のお知らせが受け取れないことがないように、
郵便局で移転手続きを行い、
確実に還付金を受け取れるようにしておいた方がよいと思います。

 

 

スポンサードリンク

自動車を廃車にして自動車税の還付がありました

当サイトにお寄せいただいた、体験談です。

 

もう古い車だったのですが、
まだまだ使えるかなと思って車検を通しました。

 

 

すると、間もないうちに故障してしまい、
修理するにしても費用がかかりすぎ、
売却するにも何の特徴もない古い故障車で売ることも出来ず。

 

 

廃車することにしました。

 

 

この時は本当に、
受けたばかりの車検代がもったいないと思ったのですが、
解体して廃車にすることで、
車検の税金などの法定費用が払い戻せたので、
ちょっと助かりました。

 

 

検査を受けたのは10月、
故障して解体廃車したのは12月の年末でした。

 

 

自動車は普通の乗用車で、
払い戻しがあったのは、まず自動車税が9800円。
自賠責保険が21260円。
重量税が34500円。
全部で65560円でした。

 

 

自動車税は月割りで本年度3月までの残り、
自賠責は24ヶ月加入してあったので利用した分と差額。
重量税は車検の残り期間分を月割りで還付してもらいました。

 

 

すべて自分が支払った税金なのですが、
もうなくなったものと感じていましたので、
思った以上に還付されて、まとまった金額になったので、
ちょうっとうれしかったです。

 

 

同時に自動車税などの、
自動車関連の法定費用の高さもしみじみ感じました。

 

 

払い戻しのうち、自賠責保険などは、
うっかりするとそのままになってしまうので、
自動車屋任せにせず、
自分で確認することが重要だと思いました。

 

 

こちらのサイトでは、不要になった車の廃車代行を、
全国完全無料で行ってくれます。

 

>>廃車ラボ

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 次のページ 『3月中がお得!バイクの買取・売却と軽自動車税』 へ


トップページ < 安い順ランキング > 通販型(ダイレクト型)のメリット・デメリット 年代別おすすめ自動車保険ランキング