自動車の買取・売却と自動車税

自動車を買取業者に売却する時には自動車税はどうなる?

当サイトにお寄せいただいた、体験談です。

 

今は、車の買い替えをしたりするときに、
以前のようにディーラーに下取りに出したりするのではなく、
数多くある買取業者に出す人が増えています。

 

 

これも、買取業者に出したほうが、
高値で引き取ってもらうことができることなどから
人気があるのです。

 

 

査定額がはっきりと出るので、
売却する金額があやふやになることもないのです。

 

 

自動車を買い取りに出すときに気になるのが、
その自動車にかかっている自動車税重量税などの税金です。

 

 

これは買取業者によって扱いが異なったりするので、
確認するようにしましょう。

 

 

通常、重量税というのは前のオーナーが払うものであり、
特に売却をする際に還付はありません。

 

 

しかし、毎年支払いをする自動車税は、

 

 

業者によっては、
月割りで還付されることもありますし、
その税額も込みで、査定額が出る場合もあります。

 

 

自動車税は、
毎年4月1日に所有している人にかかってくる税金であり、
通知が来ることになります。

 

 

1600ccや2000ccクラスでは39500円ですが、
これが2500ccになると45000円、
3000ccクラスになると51000円と高額になります。

 

 

ですから、自動車を手放すときには、
そういった税金関係もしっかりと確認するようにしましょう。

 

 

スポンサードリンク

自動車買取で売却後の自動車税について

当サイトにお寄せいただいた、体験談です。

 

自動車の買取業者から予想以上の査定額が提示されて、
愛車を売却したとき、
気になるのはすでに支払った自動車税のことです。

 

 

自動車税は、毎年4月1日時点で
車検証に登録されている所有者に対して、
一年分を賦課する税金です。

 

 

使用する自動車にローン等が残っていて、
所有者が信販会社やディーラーの場合は、
使用者ではなく法人名が記載されます。

 

 

毎年5月のゴールデンウィーク明け頃に送付される
この税にかんしては、
その後に愛車を所有する相手によって扱いが異なります。

 

 

もし個人売買などで愛車を売却する場合、
自動車税を支払った年度にかんしては、
名義が移転してから後の分は月割で還付されます。

 

 

いっぽう、買取専門業者で売買契約が成立した場合、
買取金額に自動車税分が含まれているため、
売却後の還付を受けることができません。

 

 

いっぽう、もし廃車手続きを行った場合は、
自動車の登録を抹消すると還付の手続きが自動的に行われて
支払い通知書が送られてきます。

 

 

そのため、所有する自動車の税額を
中古車関連業者の査定額と比較し、
もし査定額が月割の還付金程度かそれ以下の場合は、
部品取りなどの名目で、
廃車扱いとして引き取ってくれる業者を探すことを
考慮する必要があります。

 

 

こちらのサイトでは、
厳選8社に一括で査定依頼ができるので、
一番高い買取業者が選べます。

 

>>ズバット車買取比較

 

 

こちらのサイトでは、不要になった車の廃車代行を、
全国完全無料で行ってくれます。

 

>>廃車ラボ

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 次のページ 『自動車の廃車と自動車税』 へ


トップページ < 安い順ランキング > 通販型(ダイレクト型)のメリット・デメリット 年代別おすすめ自動車保険ランキング