3月中がお得!バイクの買取・売却と軽自動車税

バイクの買取で売却しても軽自動車税の還付はありません。

当サイトにお寄せいただいた、体験談です。

 

自動車の売却時には名義変更が必要で、
これをスムーズに行っておかないと、
いつまでたっても税金が請求されたりして、面倒なものです。

 

 

私も個人売買した自動車の税金が、
いつまでも請求されて困ったことがあります。

 

 

しかし、自動車税は、年度ごとに請求され、
途中で名義変更や廃車があると、
月割りで清算されるので、
名義変更は出来る限りすばやく的確に行われないと困ります。

 

 

そうは言っても、
自動車の名義変更には、車庫証明の必要もあり、
中々時間がかかるもので大変でもあります。
でもこれは、普通自動車の場合だけです。

 

 

バイクの場合には、自動車税ではなく、
市町村単位で課税される軽自動車税となります。

 

 

これは軽自動車ではない251cc以上の自動二輪車でも同じで、
このため、月割りでは還付されません。

 

 

つまり、バイクの軽自動車税は、

 

 

4月1日に名義人である人に1年分課税され、
その後買取で手放したりしても、そのままです。

 

 

年度途中での還付はありません。

 

 

もちろん車庫証明もありませんので、
すぐに名義変更できるはずです。

 

 

バイクは軽自動車税ですので、還付はありません。

 

 

買取のときに、
そのことを言われておかしいと感じるかもしれませんが、
これは制度的なことなので、しかたありません。

 

 

バイクの買取依頼や廃車は、3月中に行いましょう!

 

 

>>バイク買取査定『バイクランド』出張査定見積り

バイクの買取、売却と軽自動車税について

当サイトにお寄せいただいた、体験談です。

 

バイクを買取や売買をするときに、
気をつけなければならないことがあります。

 

 

それは、軽自動車税です。

 

 

軽自動車税とは、毎年4月1日時点での所有者に、
市区町村から納付書が送られてくる税金のことです。

 

 

ちなみに、支払いが遅れると、
遅滞料として利子が請求されますので気をつけましょう。

 

 

納める税金は排気量によって異なり、
50cc以下は1000円、
50cc超から90cc以下は1200円、
90cc超から125cc以下は1600円、
125cc超から250cc以下は2400円、
250cc超は4000円となっています。
(2016年より新規登録のバイクは増税されるので注意してください)

 

 

さて、この軽自動車税が、
バイクの買取や売却の時にどのように影響するのでしょうか。

 

 

ポイントは税金の計算基準である4月1日なのです。

 

 

例えば、5月に購入したら、
その年の税金はかからず、翌年になります。

 

 

また、3月31日に購入するとその年の分の納税が必要です。

 

 

これを買取や売却に当てはめると、
バイクを4月2日以降に買うと、
ほぼ1年分の税金を納めなくてもいいですし、

 

 

逆に売るときは、3月31日までに売った方が
税金の分だけお得になります。

 

 

また、廃車にする場合は、
自動車は税金が還付されますが、
軽自動車税は還付されませんので、
この点も気をつけ時期を選んで廃車にした方がよいのです。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 次のページ 『バイクの廃車と軽自動車税』 へ


トップページ < 安い順ランキング > 通販型(ダイレクト型)のメリット・デメリット 年代別おすすめ自動車保険ランキング