コスモスマートビークルの審査

コスモスマートビークルの審査について

当サイトにお寄せいただいた、体験談です。

 

残価設定ローンや、
新車が半額などの購入方法がいろいろと出てきているなかで、
最近もっとも注目の自動車購入方法が
コスモスマートビークルです。

 

 

このコスモスマートビークルは、必要な期間だけ、
自動車の維持に必要な各種諸費用から税金、
メンテナンスまでをまとめて購入し、
毎月一定の金額で支払っていくという新しいスタイルです。

 

 

例えば5年間の60か月であれば、
その間に発生する自動車税や車検のすべての費用、
消耗品の交換、メンテナンス点検費用までが
全てセットになっています。

 

 

結果的に使用期間の累積支払金額では、
新車のローン購入よりも大幅に安くなるというものです。

 

 

コスモスマートビークルの利用には審査が必要です。

 

 

この審査は、コスモ石油が行っているものではなく、
コスモ石油が委託している別の信販会社が行っているそうです。

 

 

審査会社の詳細までは一般ユーザーにまで公開されませんが、
実際の審査にかかった期間はわずか2日ほどで、
他のユーザーの事例を見ても、
最速で1日、長くても6〜7日で結果が出ているそうです。

 

 

毎月の支払金額が非常に小さい場合が多いので、
それほど厳しい審査というケースは無いようですね。

 

 

ユーザーの多くがコンパクトカーとのことですが、
スムーズに契約できることが多いとのことです。

 

 

スポンサードリンク

コスモスマートビークルの契約審査と保険料

当サイトにお寄せいただいた、体験談です。

 

ガソリンスタンドのコスモ石油で最近人気になっている、
自動車の新しい購入方法がコスモスマートビークルですが、
自動車の購入から契約期間内の各種維持費用、
自動車税や車検の費用から自賠責保険まで、
全てがコミの価格になっているというのが最大のポイントの商品です。

 

 

自動車は、どうしても
維持費用やメンテナンス費用がかさんでしまうものですが、
こうした費用までを全て計算して、
毎月の支払いを比較的小さく抑えることができるのは、
購入者にとって大きなメリットです。

 

 

コスモスマートビークルの契約には事前の審査が必要ですが、
一般的な社会人としての年収や社会的信用があれば、
普通は審査で通らないというようなことはありません。

 

 

コスモのスタンド店員さんに聞いた限りでは、
コスモスマートビークルの審査はコスモ石油ではなく、
第三者機関が委託されているそうです。

 

 

この購入方法において一点だけ気をつけないといけないのが、
自動車保険の任意保険だけは含まれていないということです。

 

 

任意保険は車両保険までを含めた場合にかなりの負担となりますが、
交通事故のリスクなどを考えるとやはり必要なものです。

 

 

リースではありますが、
契約者本人が保険を準備する必要がありますので、
この点には注意が必要です。

 

>>「 車リース「コスモスマートビークル」の評判とデメリット」のページにすすむ

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 次のページ 『コスモスマートビークルの事故と保険』 へ


トップページ < 安い順ランキング > 通販型(ダイレクト型)のメリット・デメリット 年代別おすすめ自動車保険ランキング