アメリカでの自動車保険契約の豆知識

アメリカで自動車保険の契約を行う場合

当サイトにお寄せいただいた、体験談です。

 

アメリカであっても、
事故を起こせば賠償問題になるのは当たり前ですし、
訴訟の国ですから、
日本よりも金額的にももっとシビアになるものです。

 

 

自動車保険の任意保険未加入で走るなど、
とんでもありません。

 

 

しかし現地で保険加入のアクションを起こせば、
日本語で契約できるシーンなどそうそうありません。

 

 

特別な語句も使われますので、
会話程度ができる語学力でも、追い付かないことがあります。

 

 

オーバースペックの保険に
加入してしまったというならまだいい方で、
スペックの足りない保険に入っていて事故を起こしてしまった時に、
相手に充分な保証ができなかったりといったシーンでは、
取り返しようがありません。

 

 

アメリカで自動車保険に加入する場合には、
クレジットカードなどに付帯している
海外赴任者総合保障制度などを利用すると、
間違いはかなり回避できます。

 

 

この制度に加入していることで、
日本語でアメリカの自動車保険の内容を知ることができ、
納得できる保険に加入するための
お手伝いをしてくれるサービスの利用が可能になります。

 

 

そのクレジットカードの所有者であるという信用度も加味されて、
保険料も優遇されるということも見られます。

 

 

ただし日本においての運転歴などは加味されませんので、
一様に日本よりも高額にはなります。

 

 

スポンサードリンク

アメリカの自動車保険の構成と契約

当サイトにお寄せいただいた、体験談です。

 

日本での自動車保険の契約は、まず強制保険があって、
それでは不十分な世の中になっていますので、
自分と公道を利用する不特定多数の人のためにも、
任意保険に加入することは不可欠です。

 

 

どういった内容の任意保険に加入するかにもよりますが、
それでもこの2本立てによって、
ようやく安心して車が運転できます。

 

 

アメリカも同様で、
強制と任意の自動車保険があります。

 

 

ただし、強制保険のカバー範囲は広く、
日本のように対人の時だけに適用されるわけではありません。

 

 

州によって違いがあり、特に最低補償額は顕著です。

 

 

たとえばワシントン州において対人は、
1事故1人の死傷では25,000ドルが上限。
2人以上で50,000ドルが上限です。
対物は10,000ドルになります。
この部分が、州によって違いが出やすい数字ですので、
必ず確認は必要です。

 

 

日本よりも低めの上限だといった印象を受けますが、
どの州でも往々にしてその傾向にあります。

 

 

それだけでは、
人に危害を加えるような事故をしてしまった時には
充分ではありませんので、
アメリカでも任意の自動車保険に加入します。

 

 

しかし、免責額が日本よりも大きく、
アメリカの任意自動車保険の多くは、
対人で100,000ドルの免責がつきます。
その金額との兼ね合いも見て、
保証内容を検討しなければなりません。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 次のページ 『米国(アメリカ) 車の保険料』 へ


トップページ < 安い順ランキング > 通販型(ダイレクト型)のメリット・デメリット 年代別おすすめ自動車保険ランキング