任意自動車保険|傷害に対する補償記事一覧

対人賠償保険は、交通事故で相手に怪我をさせたり死亡させてしまった場合等に、自賠責保険の補償額を超えてしまう分が支払われるもの。対人賠償保険は、任意保険の中でも最も重要な補償です。たとえば、交通事故を起こして相手を死亡させてしまい、1億3千万円の賠償金を支払う必要になってしまった場合、自賠責補償額の3120万円を超える9880万円が保険会社から支払われるということです。対人賠償保険で補償されるのは、...

無保険車傷害保険とは、交通事故で死亡したり後遺障害状態となってしまったのに、相手が無保険者(もしくは保険が不十分な状態の車)で賠償能力がないという困った状態のときに助けてくれるもの。これがあれば、自分が契約している対人賠償保険から補償されます。公道を走る自動車の約15%は、任意自動車保険の対人賠償保険に加入していないといわれています。この数字には、ちょっとびっくりですね。でも、それが現実なのです。...

自損事故傷害保険とは、自分の過失が100%もしくは相手がいない事故を起こし、ケガや傷害を負ったり、死亡した場合に補償されるもの。停車中の車に追突した不注意でガードレールにぶつかったセンターラインをオーバーして対向車と正面衝突したこういったケースです。この場合、同乗者は自賠責保険金が支払われますが、運転者のケガや死亡に関しては、自賠責保険からは支払ってもらえません。そんな場合に、最低限度の補償をして...

搭乗者傷害保険とは、保険に加入している車に乗っている「搭乗者」が、交通事故でケガをしてしまったり、死亡してしまった場合に過失に関係なく補償されるもの。「搭乗者」には運転者はもちろん、助手席や後部座席にも乗っている人たちを含めた、自動車に乗っている人全員が含まれています。この搭乗者障害保険は自分に過失がない事故でも、搭乗者がケガをしたり死亡したりすれば補償の対象になり、、また、保険を請求しても等級が...

人身傷害補償保険とは、契約している車に乗っている搭乗者が、自動車事故でケガ・後遺障害・死亡したりした場合に、契約の保険金額の範囲内で実際の損害額が支払われるもの。人身傷害補償保険では自分自身の過失分も含めて、入院・通院した治療日数に関わらず、契約した保険金額の範囲内で、実際にかかった治療費用や休業補償、慰謝料などを、全額補償してもらえます。また、人身傷害補償保険は、契約車両に乗っている時だけでなく...

トップへ戻る