代理店型自動車保険を選んだ場合のメリットとデメリット

代理店型車保険のメリットとデメリットをまとめました。

自動車保険の通販型(ダイレクト型)・
代理店型(対面型)の選び方について。

 

 

車保険会社選びで最初にすること。
それは、通販型・代理店型の選択です。
このページでは、代理店型(対面型)自動車保険について、解説します。

 

>>「通販型(ダイレクト型)自動車保険のメリット・デメリット」はこちら

 

 

主な代理店(対面)型保険会社

 

  • 三井住友海上火災
  • あいおいニッセイ同和損保
  • 損保ジャパン
  • 東京海上日動火災
  • 日本興亜損保
  • 朝日火災海上
  • 日新火災海上

 

 

 

代理店型のメリット

 

  • 専業代理店の場合は、保険の知識に詳しいので

    補償内容の過不足について適切なアドバイスを受けられる。

  •  

  • 保険証券などを見ながら、直接質問ができ、

    気になるところに即座に答えてもらえる

  •  

  • 保険請求についても、保険会社に直接相談しづらいことも、

    代理店側からアドバイスをもらうことも可能。

 

代理店型のデメリット

 

  • 保険料が割高。
  •  

  • 営業成績や手数料収入を

    優先しようと考える代理店もあるようなので、
    必要のない保障や特約を勧めてくる代理店には注意が必要。

  •  

  • 代理店を通して契約すれば保険手数料を支払うことになり、

    手数料の目安は15%〜20%と言われているため、
    保険料が年間10万円とした場合、
    15,000〜20,000円の代理店手数料を支払っていることになる。

     

    (「本当にその保障は必要ですか?」
    と逆に質問が返ってくるような、
    信頼できる代理店であれば、手数料を支払う理由になり得る)

 

 

保険会社選びの最終判断は?

 

保険にそれほど詳しく無いという方は、
事故時や更新時の書類作成時に相談にのってもらえるため、
代理店型を選ぶことをおすすめします。

 

 

また、ある程度、保険についての知識を持っていて、
自分で補償内容を決めたいという方
は、
通販型をおすすめします。
ただし、通販型保険会社は、事故をしない方、
保険請求しない優良運転者・契約者を
募集する傾向にあるようです。

 

 

代理店型(対面型)の特徴がわかったところで、
ぜひ試したいただきたいのが、こちらのサービス。

 

>>自動車保険一括見積もりサービス【無料】
(スマートフォン対応済み。)

 

 

数分の入力で、複数の会社の見積もりを一度に取って、
相場を比較することができます。

 

 

私の愛車・インプレッサワゴンの場合は、
最高値と最安値の差が2倍以上ありました。
特に、代理店型から通販型への変更を考えていらっしゃる方の場合は、
現在の半額になる可能性もあります。
ぜひ、試してみてください。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

次のページ 『ディーラー代理店とプロの代理店の選び方』 へ


トップページ < 安い順ランキング > 通販型(ダイレクト型)のメリット・デメリット 年代別おすすめ自動車保険ランキング