任意自動車保険の搭乗者傷害保険とは?

搭乗者傷害保険の補償内容について解説

搭乗者傷害保険とは、

 

保険に加入している車に乗っている「搭乗者」が、
交通事故でケガをしてしまったり、死亡してしまった場合に
過失に関係なく補償されるもの。

 

 

「搭乗者」には運転者はもちろん、
助手席や後部座席にも乗っている人たちを含めた、
自動車に乗っている人全員が含まれています。

 

 

この搭乗者障害保険は自分に過失がない事故でも、
搭乗者がケガをしたり死亡したりすれば補償の対象になり、、
また、保険を請求しても等級が下がりません。
また、こちらが100%悪くてケガをした場合でも、
保険金が支払われます。

 

 

でも、搭乗者傷害保険は全てのケースで
保険金が支払われるというわけではないのです。

 

たとえば、

  • 違法走行中に事故を起こしてケガをした
  • トラックの荷台に乗ってケガをした
  • 飲酒運転をしていた

 

上記のように、違法乗車していたような場合には、
搭乗者傷害保険は支払われません。

 

 

 次のページ 『人身傷害保険(人身傷害補償特約)とは?』 へ


トップページ < 安い順ランキング > 通販型(ダイレクト型)のメリット・デメリット 年代別おすすめ自動車保険ランキング