任意自動車保険の人身傷害保険(人身傷害補償特約)とは?

人身傷害保険(人身傷害補償特約)の補償内容について解説

人身傷害補償保険とは、

 

契約している車に乗っている搭乗者が、
自動車事故でケガ・後遺障害・死亡したりした場合に、
契約の保険金額の範囲内で
実際の損害額が支払われるもの。

 

 

人身傷害補償保険では自分自身の過失分も含めて、
入院・通院した治療日数に関わらず、
契約した保険金額の範囲内で、

 

 

実際にかかった治療費用や休業補償、
慰謝料などを、全額補償してもらえます。

 

 

また、人身傷害補償保険は、
契約車両に乗っている時だけでなく、被保険者とその家族は、
契約車両以外の車に乗っているときの事故や、
歩行中の自動車事故により死傷した場合等も
補償の対象になります。

 

 

交通事故で重症を負い、1000万円の損害が出て、
自分の過失が4割で相手の過失が6割だった場合、
相手の対人賠償保険からは、
自分の過失分4割が相殺された600万円が支払われるだけで、
残りの400万円は自己負担になってしまいます。
人身傷害補償保険に加入していれば、
自己負担額の400万円を受け取ることができるので、
損害の全額をまかなう事が出来るのです。

 

 

また、事故が
自分の過失が100%で、相手の過失が0だった場合は、
相手の対人賠償保険からは1円も支払ってもらえません。
この場合でも、人身傷害補償保険に加入していれば、
治療費の1000万円が支払われるのです。

 

 

また、相手が無保険者の場合も、
自賠責保険の不足分を全額補償してもらえるのです。
これは大きいですよね。

 

 

また、人身傷害補償保険は、

 

 

示談の成立前でも
保険金を受け取ることができます。

 

 

普通は、示談が成立しないと保険金を受け取れませんので、
これはかなりのメリットですね。

 

 

しかし、こうしたメリットが大きい分、保険料は高くなります。

 

 

人身傷害補償保険の保険金は、
3000万円が一般的といわれています。
5000万円、8000万円、1億円、無制限など、
契約者が保険金を選択することもできます。
保険会社によっては選べる金額の種類が違うこともありますので、
見積もりの際はよくご確認ください。

 

 

この保険金の額を最低の3000万円にすることによって、
保険料の上昇をある程度抑えるこは可能です。

 

 

ご自身の経済状況と、必要な補償を十分に考慮して、
人身傷害保険の付帯について、よく検討しましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 次のページ 『任意自動車保険|物に対する補償』 へ


トップページ < 安い順ランキング > 通販型(ダイレクト型)のメリット・デメリット 年代別おすすめ自動車保険ランキング