自動車保険の自賠責保険と任意保険を詳しく解説

自賠責保険・任意保険とは?

自動車保険とは、
自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険のこと。
車保険には、大きく分けて

 

「自賠責保険」
「任意保険」

 

という2種類があります。

 

 

まず、「自賠責保険」というのは別名強制保険とも呼ばれていて、
全ての自動車・バイク・原動機付自転車を運転する場合は、
絶対に加入しなければならないもの。

 

 

これは、「自動車損害賠償保障法」という法律によって、
加入が義務づけられています。
自賠責保険を契約せずに自動車(オートバイを含む)、
原動機付自転車を運行した場合、
法律により処罰されるほか、
運転免許の行政処分(停止、取消し)の対象となってしまうので、
必ず入っておきましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

 

自賠責保険は、
被害者の最低限の救済を目的としたものなので、
交通事故の被害者に生じた人的損害の
賠償総額(治療費、休業損害、慰謝料などの合計額)に対して
限度額が不足することも多いのが現実です。
また、物的損害には適用されません。

 

 

自賠責保険で支払われる保険金(賠償金)の最高限度額は、
1事故1名につき、死亡の場合で3000万円、傷害は120万円、
そして後遺障害が残った場合は、
障害の程度に応じて75万円〜4000万円、と決まっています。

 

 

たとえば、極論ですが、交通事故で被害者を死亡させてしまい、
賠償金2億円を払う必要になった場合、
自賠責保険では3000万円しか保険金が払われません。

 

 

残りの1億7000万円は、
自分で支払わなければいけないということです。
でも、実際これだけの金額を支払える人って、殆んどいませんよね。

 

 

このように、いざ交通事故を起こした時、
自賠責保険だけでは被保険者の補償に不十分なことが多いため、
十分な補償を行う事を目的として、
任意で加入できる商品が損保会社から販売されています。
これを、一般的に自動車保険あるいは任意保険と言うわけです。

 

 

任意保険は、その名前からもわかるように、
加入が自由に決められるものです。
とは言っても、さきほども前記したように、
実際、「自賠責保険」だけでは
被害者への賠償金額が不足する場合が多く、
任意保険にも加入することは、
一般的には「常識」となっています。

 

 

自動車保険に入っていなかったら?

 

もし、車保険に入っていなかったら、
一番大変なのは、自分が加害者の場合です。
交通事故で相手にケガをさせてしまったら、
治療代・車の修理代なんかも、全部自分で支払わなくてはいけません。

 

 

ちょっとこすったぐらいの事故なら、
数万円で済むかもしれませんが、
交通事故の車の修理って、びっくりするぐらいかかるんですよね。

 

 

ちょっと凹んだだけでも数十万円です。

 

 

大きな事故で相手に重い後遺症が残ったりしたら、
究極、死亡事故を起こしてしまったりしたら、

 

 

億単位の賠償金を支払うことになります。

 

 

自分は大丈夫って、みんな思うんですよね。
私も、1度自分が加害者に、
そして、2度もらい事故に遭いました。

 

 

まさか、自分が事故を起こすなんて

 

 

心の底から思ってもみなくて、
事故にあった時も、
なかなか現実を受け入れられないんですよね。

 

 

とにかく、交通事故はどんなに自分できをつけているつもりでも、
おきる時はおきるんです。

 

 

そんな悪夢のような瞬間でも、
車保険にさえ入っておけば、
ケガをさせてしまった相手の治療費や、自分の治療費、
車の修理代やその他いろんな必要費用を、
損保会社が支払ってくれるんです。

 

 

ただ、その支払額は、
契約した保険プランの上限金額が限度になります。
あたりまえのことではありますが、
だからこそ、自動車保険のプラン選びは、
慎重にじっくり考えてほしいですね。

 

 

やはり、いざ交通事故を起こしてしまった時、
自分自身を、そして事故の相手を救ってくれる頼もしい保険。
それが、車保険なのです。

 

 

自動車任意保険は、
傷害に対する補償」と、「物への保険」とに分けられます。
詳しくは次のページで。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 次のページ 『任意自動車保険|傷害に対する補償』 へ


トップページ < 安い順ランキング > 通販型(ダイレクト型)のメリット・デメリット 年代別おすすめ自動車保険ランキング