チューリッヒのお得な割引と補償の特徴をまとめました。

チューリッヒの割引で車保険を安くする方法をまとめました。

2018年2月24日 更新

 

私の見積もり結果では、安いランキング3位だった、チューリッヒ。

 

 

最新の2017年度版オリコンの顧客満足度調査でも、

 

2位と大健闘。

 

商品内容の充実度と加入手続きの容易さ・早さ
この2点で特に好評価を得ています。
後で表にまとめてありますが、ロードサービスの点でも
他社に比べて補償が比較的厚い印象です。

 

 

特に、事故の初期対応として、
「チューリッヒ」は、0:00〜20:00までの受付なら、
平日・土日・祝日にかかわらず、その日のうちに対応します。
深夜から早朝にかけての事故に対する安心感が強いですね。

 

 

また、J.D.パワーアジア・パシフィックが7月20日に発表した、
「2017年日本自動車保険事故対応満足度調査」では、
総合満足度スコアでトップ
となったことがわかりました!

 

 

「事故対応担当者」「調査/認定結果」の2ファクターでトップ評価となり、
前年の3位からトップへの大躍進です。

 

 

安さだけではない、最安値に近い保険料でありながら、
満足感の高い補償・対応が評価されているんですね。

 

 

契約者アンケートでは、直前の保険会社と比べて、

 

平均10,661円節約できた!

 

との回答があったとのこと。

 

 

ただ、ここで大切なことをひとつだけ。
たとえ、同じ車種だったとしても、
自動車保険料が同じように安くなるとは限りません。

 

 

あなたの年齢と、運転する可能性のある方の年齢。
使用方法や走行距離。
当然のことながら、
同じあなたのお車であっても、
毎年、年式は古くなり、あなたの年齢も変わります。

 

 

そういった細かい条件によっては、
保険料は全くちがうものになるのです。

 

 

ひとりひとりにとって、
さらに、昨年と今年とでは、
一番安い保険料の保険会社は違うということです。
そこで大切なのが、比較です、

 

 

管理人おすすめの自動車保険一括見積もりサービスも、
ここで紹介させていただきます。

 

 

複数の損保の保険料を一度に調べられる
無料のサービスです。

 

 

私も、このサービスを利用して、相場を調べました。

 

 

一度の入力で複数社の保険料がわかりますから、
管理人としては、こちらをおすすめさせて頂いております。

 

>>自動車保険一括見積もりサービス【無料】
(スマートフォン対応済み。)

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

チューリッヒのお得な割引は?

 

1 インターネット割引

 

インターネットでの手続きで、最大10,000円割引

 

2 e証券割引<e割>

 

保険証券の紙発行が不要な場合、500円割引

 

3 早期契約割引<早割>

 

保険始期日45日前までに申し込みの場合、500円割引

 

4

新車割引

 

初度登録から25カ月以内の車はさらに割引
(自家用普通乗用車、自家用小型乗用車に限る)

 

7 エコカー割引

 

国土交通省の定める、エコカー減税対象車はさらに割引

 

6 ゴールド免許割引

 

ゴールド免許のドライバーはさらに割引

 

7 紹介割引

 

チューリッヒ契約者からの紹介で最大2,500円割引
紹介者にもお米ギフトカード(1,500円相当)をプレゼント

 

 

種類 通販型
支払方法(申し込み期限)

クレジット払い:保険始期日の前日まで

 

コンビニ払い:保険始期日の前々日まで
(電話の場合、前日まで申し込み可能)

 

銀行振り込み:保険始期日の前日まで
(初めて自動車保険に加入する車の場合は利用できません。)

 

口座振替(分割):保険始期日の前日まで
(初回分のみ、銀行振込またはコンビニ払いでの支払が必要)

 

スポンサードリンク

 

チューリッヒの特徴

 

  • よりスムーズな事故対応の実現のために、
    Z-Assist(緊急事故対応・安全運転支援システム)を開発。
    チューリッヒの自動車保険を初めて契約する、
    6A・6B・6C・6D・6G等級の契約者、
    かつインターネットで契約手続きを済ませている方を対象に、
    緊急通知機能付ドラレコを貸与。
    強い衝撃を検知すると事故受付センターへ自動通知。

  •  

  • 事故受付〜損害サービスセンター、そして保険金のお支払まで

    一括して対応できるシステム(Z-TRUSTシステム)を使用。
    このシステムの導入により、保険金のお支払いを
    より迅速に確実にすることが可能となった。

  •  

  • 全国約9,500ヵ所のサービス拠点から、

    24時間365日迅速に現場へ急行。
    業界最高レベルのロードサービス。

  •  

  • 業界の牽引役さながら、続々と新サービスを提案。

    追加費用なしで「ペットのサポート付き」は業界初。
    補償は下記の通り。
    (レッカーサービスの利用が前提)

  • 契約車両の事故・故障・トラブルにより、
    現場から当日の帰宅が困難と判断された場合、
    現地でのペットホテル費用(1泊分)、
    およびペットホテルまでの交通費の支払い。

    ペットを同伴せず、
    自宅付近のペットホテルやペットシッターに預けていて、
    延長料金が発生した場合、10,000円までの支払い。

     

  • 日本の保険会社では初めての試みとなる、

    「パーソナライズド動画」を使った、
    自動車保険契約の継続案内の配信を開始。
    動画内容は、顧客によって個々にカスタマイズされている。

  •  

  • 他社からの切り替えの場合のインターネット保険料見積りは、

    他社の保険期間が2年、3年契約といった複数年の契約の場合でも
    見積りができるよう対象を拡大。

  •  

  • 弁護士費用補償特約。

    弁護士だけでなく司法書士や行政書士への報酬、
    法律相談に係る費用をについても補償の範囲に含め、
    いずれについても、
    判決・示談などが確定する前での支払いを可能とした。
    (2015年6月30日改定)

  •  

  • 他車運転補償に関する「車両特則」を新設。

    同社契約者が友人の車を一時的に借りて運転していて、
    何らかの事故でその車両の修理が必要になった場合、
    友人の保険ではなく同社の保険での補償が可能となる。
    (2015年6月30日改定)

 

チューリッヒの特徴のひとつは、カスタマーサポートへ評価の高さ

 

 

ダイレクト型自動車保険のサポート体制を心配するユーザーも多い中、
このカスタマーサポートへ評価の高さは、安心感がありますね。

 

 

チューリッヒは、契約者からの意見や要望の声を、
真摯に反映し、改善に取り組む姿勢も感じられます。

 

 

例えば、
「電話応対にムラがあり、事故時の対応に非常に不安を感じる。」
との契約者の意見に対し、
必要な説明を適切に行っているかを確認するための
対応項目にチェック機能を設ける、という取り組み。

 

 

「事故の際、本当に支払いしてくれるかどうか不安がある。」
との声に対しては、
単独の事故について、早期の対応・お支払いが出来るよう、
専門チームを設置する、という取り組み。

 

 

契約者側も、ひとつの対応に対する感じ方はさまざまですから、
不満・不安をゼロにすることは簡単ではありません。
実際、チューリッヒに関しても、
事故に遭った際の対応に不満を抱いたという契約者も
ある程度いらっしゃるのが実情です。

 

 

 

今後の改善に期待したいです。
ホームページは、見やすいように感じました。

 

チャットを使った問い合わせ・サポート

 

以前から、
SBI損保の独自サービスとして、個人的に高く評価していた、
チャットを使った問い合わせ・サポートが、
チューリッヒでも開始されました。

 

 

ウェブサイトで「スーパー自動車保険」を新規で契約する際に
利用することができます。

 

 

私は、電話だと緊張していしまう性分なのですが、
このチャットというシステムは、
相手のメッセージを受信したあと、
十分な時間をかけて返信することができ、
なおかつ、メールと違って、リアルタイムにやりとりができるため、
とても嬉しいシステムだなと、個人的には思います^^

 

チューリッヒの保険料例

トヨタ「プリウス」

56歳、ゴールド免許、日常レジャー、10,000km以下
⇒ 年間29,430円。

 

ホンダ「フィット」

32歳、ブルー免許、日常レジャー、10,000km以下
⇒ 年間58,840円。

 

トヨタ「アクア」

47歳、ゴールド免許、通勤通学、10,000km以下
⇒ 年間37,830円。

 

 

「チューリッヒ」の事故対応・ロードサービスのまとめ

 

※他社より比較的優れている補償にマーカーを引きました。

 

事故/故障の受付・担当
  • 24時間、365日。GPS緊急通報サービス有り。
  •  

  • 専任担当者制
初期対応
  • 0:00〜20:00までの受付ならその日のうちに対応。
サービス拠点
  • 約9,500ヵ所
提携修理工場
  • 全国約390社1,360ヵ所以上
無料レッカー距離
  • 100qまで無料

    最寄りの当社指定修理工場の場合は距離制限なし

無料レンタカー・代車
  • 契約車両の事故・故障・トラブルにより

    現場で一時的に緊急に代車が必要な場合、
    24時間までのレンタカー基本料金をお支払い。

  •  

  • 指定修理工場での修理期間中の代車無料。
  •  

  • 「代車提供特約」を付けている場合は、

    指定修理工場以外での修理であっても、
    修理期間中の代車をチューリッヒが手配・提供。

宿泊・帰宅費用
  • 宿泊費用・帰宅に必要な交通費全額補償(ペット含む)
その他の主なサービス
  • 「事故証明書」を、無料で代行取得するサービス。
  •  

  • 車の引取り無料、修理後の自宅までの搬送も無料。
  •  

  • 事故や故障によって生じたキャンセル費用を50,000円まで補償。

 

 

 

 

「安い自動車保険」は1人1人違います。

 

 

車の種類や年齢等、さまざまな条件によって、
自動車保険料には大きな差が生じるんです。

 

 

そして、実は、任意自動車保険って、同じ条件であっても、

 

 

保険会社によって、
びっくりするほど保険料が違うんですよね。

 

 

もし、一度自動車保険を契約したまま、
保険料を比較したことが無いという方は、
相場を是非調べてみてください。

 

 

とにかく、契約する損保は急いで決めないことが大切です。
じっくりある程度時間をかけて、
複数の会社の見積もり価格と補償を必ず比較しましょう。

 

 

 私の一括見積もりサイト体験談 | 12社を安い順に比較したランキングはこちら

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 次のページ 『イーデザイン損保の割引で車保険を安く!』 へ

 

 

参考サイト
チューリッヒのスーパー自動車保険


トップページ < 安い順ランキング > 通販型(ダイレクト型)のメリット・デメリット 年代別おすすめ自動車保険ランキング