アクサダイレクトは安くなる?評判は?

2019年2月8日 更新

 

私の見積もり結果では、安いランキング4位だった、アクサダイレクト。

 

 

2019年度版、価格.com満足度ランキングでは第5位。
最新の2019年度版、オリコンランキングでは、第6位。

 

 

アクサダイレクトのお得な割引は?

 

1 インターネットでの申し込み

 

最大20,000円割引

 

2 インターネットの継続手続き

 

1,000円割引

 

3 複数所有新規割引

(セカンドカー割引)

 

所定の条件を満たす場合は、2台目の契約は7等級からスタート

 

4 ASV割引

 

衝突被害軽減ブレーキ(AEB装置)が装着されている
自家用普通乗用車、自家用小型乗用車
または自家用軽四輪乗用車の場合に、保険料割り引き。

 

 

 

管理人おすすめの自動車保険一括見積もりサービスを、
ここで紹介させていただきます。

 

 

複数の損保の保険料を一度に調べられる
無料のサービスです。

 

 

私も、このサービスを利用して、相場を調べました。
あなたにとって最適・最安の自動車保険を見つけることが可能です。

 

 

一度の入力で複数社の保険料がわかりますから、
管理人としては、自信を持っておすすめさせて頂いております。

 

自動車保険一括見積もり

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

種類 通販型
支払方法

クレジットカード払い :
保険始期日の前日まで
(クレジットカード支払いのみ、分割12回払いが可能)

 

コンビニエンスストア払い 【払込票郵送方式】 :
保険始期日の10日前まで
(一括払い・分割10回払い)

 

コンビニエンスストア払い 【オンライン方式】 :
保険始期日の3日前まで
(一括払い・分割10回払い)

 

オンライン振込 【銀行・ゆうちょ銀行】 :
保険始期日の3日前まで
(一括払い・分割10回払い)

 

アクサダイレクトの特徴

 

  • ゴールド免許や年間走行距離など、

    ドライバーそれぞれの条件・ライフスタイルに合わせた保険料を提案する
    リスク細分型保険。

  •  

  • WEBで事故経過の確認も可能。
  •  

  • 地震・噴火・津波などによって車が「全損」となった場合、

    車両保険の保険金額に関わらず、1回の事故につき50万円
    (車両保険の保険金額が50万円に満たない場合は、保険金額を限度とする。)
    を記名被保険者に支払う、という
    地震・噴火・津波危険「車両全損時一時金」特約」の販売を開始。

  •  

  • 事故対応力、補償内容、フォローのバランスに優れた上に、

    保険料がリーズナブルだとの評価が高い。

  •  

  • 2年目以降の契約者が対象になっている、

    保険期間中1回限定の玄関カギ開けサービス
    (AXAプレミアムロードサービスの1つ)

 

アクサダイレクトは、通販型でありながら訪問社員を配置

 

通販型の損保は、代理店型の場合と違って、
いつでも相談できる担当者がいないため、
全ての手続きや事故の際の連絡も、
すべて電話やメールで済まされる、というイメージがあります。

 

 

その点、このアクサダイレクトは、通販型でありながら、
必要に応じて直接契約者を訪問する、
訪問社員を配置しています。
契約者の希望があれば、
土・日・祝日問わず訪問してくれるそうです。

 

 

主な訪問・面談対応例は、下記の通り。

 

事故後の対応サポート

 

必要に応じて訪問社員が、事故後の対応についてサポート。

 

手続きの補助

 

電話説明ではわからない、という場合、
訪問社員が契約者と面談し、書類手続きを補助。

 

自己相手への自賠責保険金請求援助

 

直接相手の自賠責保険に対し、
損害賠償を請求しなければならない場合、
希望に応じて訪問社員が面談し、手続きをサポート。

 

診断書受け取り代行

 

医療機関が診断書などを郵送できない場合、
訪問社員が直接受け取りに行く。

 

後遺障害申請サポート

 

訪問社員が後遺障害認定に必要な写真を撮影。

 

 

 

本当であれば、上記のような対応は、
他の損保にもぜひやってほしいことですが、
このように、明記してくれているだけでも誠実さは感じます。

 

 

通販型の損保には期待できないと思っていた、
代理店型に近い対応をしてくれる可能性のある、
数少ない会社なのかもしれません。

 

 

また、アクサダイレクトでは、
契約2年目以降の方にはロードサービスとして、
玄関カギ開けサービス」というものが存在します。

 

 

自宅玄関のカギをなくしてしまった場合などに、
カギの専門業者を手配し、緊急開錠をしてくれる、
というサービスです。

 

 

こういったサービスって、結構知らなかったりしますよね。
せっかく使えるサービスを知らずに、
別の業者に有料で頼む、という損をしないよう、
付属しているサービスの内容は知っておくこと。
これも大事なカーライフ節約術のひとつですね。

 

 

「アクサダイレクト」の事故対応・ロードサービスのまとめ

 

事故/故障の受付・担当
  • 24時間、365日。
  •  

  • 経験豊富なスタッフが、それぞれの専門性を活かしつつ、

    チーム一丸となって事故対応に尽力するサポート体制
    「チームアクサ」

初期対応
  • 9時〜19時までの受付で当日中に初期対応
サービス拠点
  • 9ヶ所
指定修理工場

(パイロットガレージ)

  • 約1,050カ所
無料レッカー距離
  • 指定する最寄修理工場まで、

    距離の制限なく無料でレッカー移動。
    サービス利用者が修理工場を指定した場合は、
    35km(二輪・原付については50km)を限度に無料。

無料レンタカー・代車
  • 指定修理工場での修理の場合、修理期間中の代車無料
宿泊・帰宅費用
  • 当日または翌日に帰宅される場合の交通費を、

    搭乗者全員分をお支払い

  •  

  • 当日帰宅不可能な場合に、

    搭乗者全員分の宿泊費を1泊までお支払い
    ※原則ビジネスホテルクラス

  •  

  • 当日帰宅不可能な場合に、

    契約のお車に同乗していたペットの宿泊費を1泊まで支払い

  •  

  • ペット愛好家のニーズに合わせた特約パッケージ、

    ペットプラス」。

その他の主なサービス
  • 必要に応じて直接おうかがいする訪問社員を配置

 

 

 

 

「安い自動車保険」は1人1人違います。

 

 

車の種類や年齢等、さまざまな条件によって、
自動車保険料には大きな差が生じるんです。

 

 

そして、実は、任意自動車保険って、同じ条件であっても、

 

 

保険会社によって、
びっくりするほど保険料が違うんですよね。

 

 

もし、一度自動車保険を契約したまま、
保険料を比較したことが無いという方は、
相場を是非調べてみてください。

 

 

とにかく、契約する損保は急いで決めないことが大切です。
じっくりある程度時間をかけて、
複数の会社の見積もり価格と補償を必ず比較しましょう。

 

 

自動車保険一括見積もり

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

参考サイト
アクサダイレクトの自動車保険

トップへ戻る