任意自動車保険の対人賠償保険とは?

対人賠償保険の補償内容について解説

対人賠償保険は、
交通事故で相手に怪我をさせたり死亡させてしまった場合等に、
自賠責保険の補償額を超えてしまう分が支払われるもの。

 

 

対人賠償保険は、
任意保険の中でも最も重要な補償です。

 

 

たとえば、
交通事故を起こして相手を死亡させてしまい、
1億3千万円の賠償金を支払う必要になってしまった場合、
自賠責補償額の3120万円を超える
9880万円が保険会社から支払われるということです。

 

 

対人賠償保険で補償されるのは、
「被保険者」以外の人に限られます。

 

 

被保険者とは、下記のような人です。

 

  • 記名被保険者

    (保険を申し込んだ契約者)

  • 記名被保険者の配偶者
  • 記名被保険者の配偶者の同居の親族
  • 記名被保険者、またはその配偶者の別居の未婚の子
  • 許諾被保険者

    (記名被保険者の承諾を得て車を使用または管理中の者)

  • 記名被保険者の使用者(雇い主)

 

上記に当てはまる被保険者にケガをさせてしまったり、
死亡させてしまったりした場合は、
対人賠償保険の支払い対象にならないので注意しましょう。

 

 

対人賠償保険が支払われる場合、
支払われる金額は「過失割合」によって大きく変わります。

 

 

「過失割合」とは、
交通事故を起こした双方の過失の度合いこと。
どちらがどれくらい悪いのか、ということです。

 

 

対人賠償保険で支払われる賠償金額は、
自分自身の過失割合分だけが
相手に支払われることになります。

 

 

過失割合については、
これまでの裁判例などに基づいて、
事故の類型毎に過失の基本割合が決められていて、
その上で事故が起きたときの時間や場所、
被害者の年齢、速度違反の有無など
個々の具体的な事情を
修正要素として加味することによって
妥当な過失割合を導き出すようになっています。

 

 

実際、車対車の事故の場合、
1人が100%悪くてもう1人は全く悪くない、
ということは殆んどありません。

 

 

いざ事故が起き、
いくら相手の責任が大きい場合でも、
被害者側にも過失が認められてしまうのです。
どんなに自分に避けようのなかった事故でも、
自分の車が少しでも動いていれば、
こちらにも過失があるということになってしまうのが、
自動車事故です。

 

 

停車している車両への追突、
センターラインを越えての事故、
相手の赤信号無視、・・・

 

 

これら以外の事故には、
必ず過失割合が発生してしまうのです。

 

 

ですから、自動車を運転するなら、
かならず対人賠償保険には必ず加入するということを
覚えておいてください。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 次のページ 『無保険車傷害保険とは?』 へ


トップページ < 安い順ランキング > 通販型(ダイレクト型)のメリット・デメリット 年代別おすすめ自動車保険ランキング