イーデザイン損保の評判

イーデザイン損保の評判は?

2019年5月17日 更新

 

私の見積もり結果では、安いランキング1位だった、イーデザイン損保。

 

 

最新の2019年度版価格.com満足度ランキングでは、第6位。

 

 

価格.com補償内容満足度ランキングでは、堂々の第3位。

 

 

最新の2019年度版オリコンの顧客満足度調査では、第8位。

 

 

特約がユニークだが便利、電話対応が明快で信頼できた、等
商品内容のわかりやすさ・充実度、加入手続きの容易さ、
コールセンターの対応、事故担当者の対応、
支払スピードの点で、かなりの高評価を得ています。

 

 

ひとつ、気になる点としては、
自宅から遠い場所で事故に遭った場合、他社では、
宿泊費用・帰宅費用がある程度負担してもらえるのですが、
「イーデザイン損保」の場合、
帰宅手段や宿泊先の情報提供のみのサービスで、
費用の実費は契約者負担となります。

 

 

ちなみに、「SBI損保」は、

  • 宿泊費用:15,000円/1名1泊
  • 帰宅費用:公共交通機関の費用は無制限。レンタカー代は最大24時間まで

これらが支給されますし、
チューリッヒ」は、なんと、
宿泊費用・帰宅に必要な交通費全額補償。
さらにペットに対するホテル費用まで出してもらえます。

 

 

それでも、結果としては、
顧客満足度調査の評価がかなり高いのですから、
帰宅手段や宿泊先に困るような事故は、
割合としてかなり少ないのかもしれませんね。

 

 

さて、私の愛車インプレッサでは、
保険料の安さ第1位だったイーデザイン損保ですが、
どなたのどの車でも一番安いのかと言えば、そうではありません。

 

 

車種、運転者の年齢、走行距離、さまざまな条件により、
自動車保険の保険料は全く変わると同時に、
各損保によって、
安くする条件、高くなる条件に違いがあるからです。

 

 

ここで、管理人おすすめの自動車保険一括見積もりサービスを、
紹介させていただきます。

 

 

複数の損保の保険料を一度に調べられる
無料のサービスです。

 

 

私も、このサービスを利用して、相場を調べました。
あなたにとって最適・最安の自動車保険を見つけてください。

 

 

一括見積もりサイトへ

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

イーデザイン損保のお得な割引は?

 

1 無事故割引

 

1年間無事故の場合に、翌年の保険料を2%割引
業界唯一、イーデザイン損保だけのおトクで合理的な割引制度。

 

2 インターネット割引

 

インターネットで契約した場合、
「インターネット割引」として保険料を最大10,000円割引

 

3 早割

 

保険開始日の45日前までにインターネットで契約した場合、
インターネット割引に加えて、「早割」として保険料を500円割引

 

4 証券e割

 

保険証券を発行しない場合、「証券e割」として保険料を500円割引

 

5 新車割引

 

保険開始日の属する月が初度登録年月の翌月から25カ月以内である場合、
車両保険などに「新車割引」が適用

 

※新車割引の対象は以下の通り。
車両保険・対人賠償・対物賠償・人身傷害・搭乗者傷害・自損傷害など

 

6 ASV割引

(自動ブレーキ割引)

 

保険開始日の属する年の3年前の4月以降に型式発売された
自家用普通乗用車・自家用小型乗用車または
すべての自家用軽四輪乗用車で、
自動ブレーキ装置が搭載されている場合、
車両保険などに「ASV割引(自動ブレーキ割引)」が適用

 

7 セカンドカー割引

 

2台目以降の車の自動車保険を新たに契約する場合、
「セカンドカー割引」が適用され、等級が7等級からスタート

 

8 継続割引

 

契約2年目以降となる場合、契約年数に応じて保険料を割引。
契約を続けるほど、保険料がおトクになる。

 

 

種類 通販型
支払方法
  • クレジットカード払(1回払/分割払)
  •  

    サイト内で支払い手続きが完了。

     

  • コンビニ払(1回払のみ)
  •  

    申し込み完了後の画面に表示される
    「支払い番号」をメモまたは印刷のうえ、店頭にて支払い。
    (払込票は郵送されません)。
    (注)保険料が30万円未満の場合に利用可能。

 

スポンサードリンク

 

イーデザイン損保の特徴

 

  • 一人ひとりのリスクに合った保険料となるように、

    「過去1年間に走った距離」に当てはまる
    「走行距離区分」により保険料を算出。

  •  

  • 東京海上グループの「事故対応品質」。
  •  

  • 三者間通話を使った「多言語事故対応サービス」により、

    事故の相手方が日本語に不自由な外国人の方であっても、
    三者間通話を行い、円滑に事故対応を進める。
    (※対応言語:
    英語・中国語(北京語)・韓国語・タイ語・ベトナム語・
    インドネシア語・タガログ語・ネパール語・ポルトガル語・
    スペイン語・フランス語・ドイツ語・イタリア語・ロシア語・マレー語

  •  

  • 事故や故障など、車のトラブル時に24時間365日、

    全国約9,300ヶ所のサービス拠点からかけつける。

  •  

  • カンタン操作で、すぐにイーデザイン損保につながる

    「事故現場コール」を使えば、GPS機能で現在地を通知。

  •  

  • もらい事故でも契約者の力になれるよう、

    イーデザイン損保はすべての契約に「弁護士費用等補償保険」を付帯

 

イーデザイン受賞2018

 

 

イーデザイン損保は、数々の有名な比較サイトにおいて、
毎年高評価を得ています。

 

 

自動車保険の真価は、契約者が事故に遭った時に評価されるものです。
そんな中、このイーデザイン損保の契約者さんの感想として、

 

今まで経験したことが無いほどのアフターケアーに感謝いたします。

 

というものがありました。
この契約者さんが、
他の損保も利用したことがある方かどうかはわかりませんが、
どちらにしても、示談合意の後に、
こういう言葉が出てくるというのは、
かなりの満足感を感じられている、という証拠です。

 

 

しかし、お客様満足度1位とはいっても、
やはり100%ではありません。
契約者の中には、
電話対応に大変不満を持った方もいらっしゃるようです。
担当者の質にムラがある、といった意見や、
TVで宣伝している内容と全然違うという感想も、
存在するのが事実です。

 

 

「期待していたものと違う!」
という事態になるのは、双方にとって不幸ですから、
顧客満足度の数字にとらわれすぎることなく、
きちっと補償内容やカスタマーサービスの印象を、
吟味することが大切です。
通販型保険は、オンラインのみでも契約はできてしまいますが、
契約を決める前に、一度電話で問い合わせをしてみて、
カスタマーサービスの雰囲気を、
実感していみるのもよいかもしれませんね。

 

 

また、イーデザイン損害保険株式会社は、
セコム株式会社と提携し、
『セコム事故現場急行サービス』の提供を、
2017年10月2日から開始します。

 

 

これは、ダイレクト自動車保険の、
事故の際の対応について不安を感じている人にとっては、
良いニュースなのではないでしょうか?

 

 

イーデザインセコム事故現場急行サービス

 

 

「イーデザイン損保」の事故対応・ロードサービスのまとめ

 

事故/故障の受付・担当
  • 24時間、365日。
  •  

  • 専任担当者制。
初期対応
  • 20時まで

サービス拠点
  • 4ヵ所
提携修理工場
  • 1,100ヶ所
無料レッカー距離
  • 60qまで無料

    (指定の最寄りの提携修理工場までの場合は距離制限なし)

無料レンタカー・代車
  • 指定修理工場での修理期間中の代車無料
  •  

  • 事故時レンタカー費用特約付帯の場合、修理中のレンタカー費用を補償
宿泊・帰宅費用
  • 帰宅手段や宿泊先の情報提供のみ。費用の実費は契約者負担。
その他の主なサービス
  • インターネットによる事故受付機能も用意
  •  

  • 電話に加え、メールやインターネット(契約者ホームページ)でも進捗状況の報告
  •  

  • 提携修理工場に修理を依頼すると、

    無料引き取り・無料納車・無料代車サービス・
    修理箇所の永久保証
    (お客さまがそのお車を所有している期間に限ります。)

  •  

  • 燃料切れ時ガソリン配達サービスが契約1年目から利用可能
  •  

  • 車の故障やトラブルに対して、スタッフが電話で

    適切なアドバイスを行う、故障相談サービス

 

 

 

 

「安い自動車保険」は1人1人違います。

 

 

車の種類や年齢等、さまざまな条件によって、
自動車保険料には大きな差が生じるんです。

 

 

そして、実は、任意自動車保険って、同じ条件であっても、

 

 

保険会社によって、
びっくりするほど保険料が違うんですよね。

 

 

もし、一度自動車保険を契約したまま、
保険料を比較したことが無いという方は、
相場を是非調べてみてください。

 

 

とにかく、契約する損保は急いで決めないことが大切です。
じっくりある程度時間をかけて、
複数の会社の見積もり価格と補償を必ず比較しましょう。

 

 

一括見積もりサイトへ

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

参考サイト
イーデザイン損保の自動車保険

トップへ戻る